深夜12時30分まで營業してゐます

MENU

007『スカイフォール』を觀(み)て 孤城忍太郞(こじやうにんたらう・Kozyou Ninntarou)

  • HOME »
  • 007『スカイフォール』を觀(み)て 孤城忍太郞(こじやうにんたらう・Kozyou Ninntarou)

 作品を讀む時に、この音樂を聞きながら鑑賞して下さい。
 これは自作(オリジナル)の

『Motion1(Mirror) &(Substance) 曲 高秋 美樹彦』

 といふ曲で、YAMAHAの「QY100」で作りました。

 映像は伊丹にある、

『柿衞文庫』

 へ出かけた時のものです。

 雰圍氣を味はつて戴ければ幸ひです。

 ない方が良いといふ讀者は、ご自由にどうぞ。

 

 

007『スカイフォール』を觀(み)て 

 今から五十年前、豊中の庄内には映畫(えいぐわ)館が三軒もあつた。
 一つは東映系で、もう一つは「東宝・大映・松竹など」を放映し、最後の一館が洋畫專門であつた。
 阪急電車の驛を越えた最初の蹈切の近くにその洋畫の小屋があつて、筆者はそこで「007」の第一作『ドクター・ノオ』を觀た。
 都心の一番館ではなかつたので數箇月遲れで、しかもお得な三本立てで觀たのだが、他の二作品は何だつたのか覺えてはゐない。
 それぐらゐ強烈な印象がボンド映畫にはあつたのだらう。
 それといふのも、これ以前の多くの主人公は二枚目である事は言ふまでもないが、無敵以外にこれといつた特徴はなく、時々これ見よがしに危機に陷(おちい)つて、そこから脱出する事で淨化(カタルシス)を得るといふ作劇法(ドラマツルギイ)で鑑賞者を納得させてゐた。
 ところがボンドといふ主人公は、服や食事や飲物といふものから趣味の嗜好品に到るまできつちりと主張し、初めてといつてもいいぐらゐ個性といふものを細かいところまで表現してゐる。

 これ以降、主人公に個性的な性格や癖などが附加へらるやうになつて、テレビの時代劇で近衛十四郎が主演した『素浪人 月影兵庫』では、劍の腕前が滅法強い主人公なのだが猫が嫌ひで、また相方の焼津の半次も曲つた事が大嫌ひで、本當に蒲団や掛軸などが曲つてゐたら直さずにはゐられないといふ滑稽な性格を與(あた)へられて人氣を博したりした。
 さういへば、平井和正の『アダルト・ウルフガイ』の神明がゴキブリ嫌ひといふ設定もそんなとこからかも知れない。

 ボンド映畫は今作で五十周年ださうで、シリイズ第二十三作目の題名(タイトル)の『スカイフォール』とはボンドの生家があるスコットランドの地名ではあるが、別に羅甸(ラテン)語の格言から引用されたもので、

 「この世が終らうとも正義を成就させよ」

 といふ意味だといふ。
 二作目邊りから出て來た「Q」の小道具が次第に大がかりになつて話題を提供して來たが、次第に荒唐無稽になつたのに比べてダニエル・クレイグになつてからのボンドは、さういつたものは殆ど出て來ずに、むしろ肉體を使つての活劇(アクシヨン)が基本となつてゐるが、初期の頃に比べると追跡劇といふ印象が強く、いつからだつたのかは調べてはゐないので不明だが、ボンドは敵に捕まつてしまふ事が多かつたので逃走劇といふ傾向が強かつたやうに思はれる。

 この映畫の評判は良くて、間諜(スパイ)は時代遲れで上司の「M」までもが職を追はれる羽目になりさうな状況が、現代社會のサラリイマンの苦惱を表現した邊りに共感(シンパシイ)が得られたのではなからうか。
 ボンドの宿敵シルヴアは「M16」の元諜報員で、組織に裏切られた爲に惡の道に染まり敵對する事となつた。
 組織に疎まれてゐる者と、組織から追ひ出された者同士の挌闘が悲哀に滿ちてゐるやうに感ぜられた。

 この挌闘の結果はボンドの勝利に終るが、結末は更に驚く事態が待ち受けてゐて、それは觀てのお愉しみといふ事にしておくが、最後に事件が終つて、Mから「TOP SECRET」のフアイルを渡された時、せめてそれが次の事件の内容で「ドクター・ノ」とでもあつて、第一作目へ囘歸してゐたら面白かつたのにと不圖思つてしまつた。
 この作品を、筆者は梅田まで出かけて觀て來たのである。
 何故なら、今は庄内に一軒の映畫館もなくなつてしまつたからである。

     二〇一二年十二月十日午後四時店にて記す

追記

 未来を見通せない人類は、集團(グルウプ)で生きる事で安心感を得てゐる。

 その最小單位である家族から始まつて、地域から國家へと發展して行き、自國の繁榮を夢見る。

 國と國(勢力對勢力でも構はない)が鎬(しのぎ)を削り、有利にならうと腹を探り合ふ爲に情報活動が必要だと諜報員(スパイ)を育成し、疑心暗鬼から相手にそれを送り込む。

 スパイ活動がそれ自身によつて新たな事件を起し、昏迷(こんめい)を深めてゐる。

 この映畫(えいぐわ)は、スパイの悲しい物語となつてゐる事に成功してゐると言へるだらう。

 

二〇一五年一月二十一日(水) 二十時五十分 店の二階にて記す

ある人に答へて

 私は全作見ましたが、ボンドはシヨオン・コネリイがいいと思つてゐます。

 彼は今作でも、屋敷の管理人のキンケイド役で出演の依頼(オフアア)があつたさうですが、

 「ボンド映画に出るときはボンド以外は演ずるべきではない」

 と斷つたと言ひます。

 シヨオン・コネリイはボンド役で一躍有名になつて、一時期天狗になつてゐた節が見受けられましたが、 すぐに役を降りて一度は復活するものの、 その後は年を加へても主演が張れる渋い役者として活躍してゐる、 數すくない俳優の一人となつてゐます。

 因みに、屋敷の管理人でボンドの親代わりの老人キンケイドを 演じるは、名優アルバアト・フイイニイでした。

TEL 06-6334-2218 午前11時~午前12時30分

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ツールバーへスキップ