深夜12時30分まで營業してゐます

MENU

組曲『白夜』 高秋美樹彦(たかあき みきひこ・Takaaki Mikihiko)

  • HOME »
  • 組曲『白夜』 高秋美樹彦(たかあき みきひこ・Takaaki Mikihiko)

組曲『白夜』

 

 

「白い妖精(WHITE FAIRY(SNOW)」YAMAHA QY100

 

 

 この作品は一九六四年(昭和三十九甲辰年霜月)に作つた曲です。

 始めはこれほど複合三部形式の長い曲ではなく、二部形式の簡單なもので、「A」を發展させて殘つた「B」の部分は「Trio」に用(もち)ゐてゐます。

 曲を作る時、詩と一緒にメロデイが浮ぶ事が多く、それは今でも變りがありません。

 その詩も掲載しますが、最初の題名が「白い小人」といふものでした。

 けれども、「小人」といふ表現は今では問題があるやうで、曲名は「妖精」の方が良いのではないかと思つて改めましたが、詩の方はもとのままを掲載し、英語ではMIDGET若しくはDWARF(どちらも「小人」の意味でデイズニイの『白雪姫』の七人の小人は「SEVEN DWARFS」になつてゐる)とせず、FAIRY(妖精)としますのでお許し下さい。

 事の序(つい)でに言ひますと、この作品は杜斯退益夫斯基(ドストエフスキイ・Dostoevskii・1821-1881)の『白夜』がルキノ・ヴイスコンテイ監督によつて映畫化され、それを見て日本の北海道を舞臺にして映畫を撮影したらと考へ、その時の音樂にと作曲したものです。

 この外に、

 

 『孤獨・出逢ひ・焚火・白夜』

 

 等があり、いづれ發表したいと思ひます。

 ところで、映畫を撮影する時は勿論、卓別林(チヤツプリン・1889-1977)よろしく筆者が主演を務めるつもりでした。

 何しろ、まだ若かつたものですから……。

 

 二〇一一年十二月二十日午前四時半

TEL 06-6334-2218 午前11時~午前12時30分

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ツールバーへスキップ