深夜12時30分まで營業してゐます

MENU

一月十三日 雪の舞ふを見て『心の闇に踊るが如く雪が舞ふ 無空』

  • HOME »
  • 一月十三日 雪の舞ふを見て『心の闇に踊るが如く雪が舞ふ 無空』

一月十三日 雪の舞ふを見て

 

   心の闇に踊るが如く雪が舞ふ 無空

 

  こ ころ のやみに  おど るが ごとく  ゆ きがまふ

C♪♪♪♪♪♪ †┃♪♪♪♪♪♪†┃♪♪♪♪†ζ┃

 

 この句の初案は「暗闇に心躍るが如く雪が舞ふであつた。

 次に「心眼に踊るが如く雪の舞ふ」と詠んでは見たが、上句の「心眼に」が思はせぶりに感ぜられて最終案となつた。

 それもこれも「舞ふ雪」といふ言葉が浮んだのが契機となつてゐる。

 上句の七音の字餘りで中句の態となつてしまつたから、

 「C♪♪♪♪†ζ」

 このやうな上句の音型として必要な四分休符(ζ(代用です)=♪+♪)が不足して餘情が與へられなくなつたものの、延音記號(フエルマアタア)でそれを補ふ事で解消出来るものと考へてゐる。

 夜の七時過ぎになつて、お客が店に入るなり服を拂ふ仕種をしたので、

 「えツ!」

 といつて表へ出ると豫報で降ると聞いてゐた雪が、ばらまかれてでもしたかのやうに闇に舞つてゐた。

      ※

 この處、自分の自由になる時間がなくて、これだけの事を書くのに二日もかかつてしまつた。

 雪が大好きな筆者にとつては、もどかしい思ひでこれを書いてゐた。

TEL 06-6334-2218 午前11時~午前12時30分

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ツールバーへスキップ