深夜12時30分まで營業してゐます

MENU

二、發句する(Making Hokku) 『發句雑記』より 近江不忍(あふみのしのばず・Oumino Sinobazu)

  • HOME »
  • 二、發句する(Making Hokku) 『發句雑記』より 近江不忍(あふみのしのばず・Oumino Sinobazu)

 この音樂を聞きながら作品を鑑賞して下さい。

 これは自作(オリジナル)の

  『合唱(cembalo)』

  といふ曲で、YAMAHAの「QY100」で作りました。

 雰圍氣を味はつて戴ければ幸ひです。

 ない方が良いといふ讀者はご自由にどうぞ。

 

 

 

     二、發句する

 

     

 發句を分かり易く人に教へる、といふのは笑止である。

 例へば、芭蕉の句、

 

  古池や蛙飛び込む水の音

 

 ふるいけや   かはづとびこむ みづのおと

C♪♪♪♪†ζ┃γ♪♪♪♪♪♪♪┃♪♪♪♪†ζ┃

 

 この句をどう味はふかと問ふ事は出來ても、創作する事は簡單ではないし、又、その句を味はふにしても、動機(モチーフ)や主題(テーマ)が理解出來たからと言つて濟むものではない。

 

 

 これらを理解する爲には、所有(あらゆる)人生の郷愁を知り、感受性を高める事こそ肝要である。

 とすれば、俳諧師の弟子になるよりも、人生を師とする方が有意義である。

 俳人の弟子になつて得られる事は、俳人の如何に不精かを知るのみである。

 季語や發句の決まり等は獨(どく)自で學(まな)ぶ事こそが重要で、又、それは發句のみか、所有獨創性を、最も必要とする藝術總(すべ)て に就(つ)いて言へる事である。

 

 

 所有(あらゆる)藝術の師は人生と自然である。

 小説の形態を始めて作り出した者は、人間に教はつものではなく、取不敢(とりあえず)ものを表記した事によつて手に入れられたのであり、それを手本として發展して行つたのではなからうか。

 

 

 それと同じやうに、今日の「俳句」も、始めは俳諧の連歌の發句から派生し、明治の頃に「俳句」と稱されるやうになり、元は誰かに教はつたから出來たものではなく、始めて繪(ゑ)を描いた者や、始めて音樂を作曲した者も、又、誰にも教はりはしなかつた。

 

 

 それらは總(すべ)て美しい自然と、それを享受する感受性の觸れ合ひから、生み出されたものである。唯、古人の殘した作品よりも優れた作品を創作しようと思ふには、更に優れた教養を身につけ、古人を凌駕する爲に、古人の作品を知る事であり、それは今日の俳人に就いても、同じく言へる事である。

 

 

 發句を教はる爲に、一人の俳諧師を師にする事は、金がかかるばかりである。

又、師を持たない人が芭蕉の句を知らずして、

 

 『古池や』

 

 云々(うんぬん)の句と全く同じ句を創つたとしても、その才能を褒(ほ)めこそすれ、それはそれだけの事で、問題はその後の作品にこそ、その人の眞價(しんか)があると言へるだらう。

 

 

 季語にしても、新しいものが次第に増えつつある。自分でそれを創造する氣持こそが大切である。

 それには季語の總てを知り盡くし、又、ある程度の古人の句を知るといふ教養が必要なのであるが、そればかりに夢中になると、頭ばかりの學者にもなり兼ねない。

 

 

 それを避けるには、結局、何も知らずとも、どしどし創作する事であらう。

さうたやすく、古人と同じものは出來ないし、人生を師とすれば、人生觀の違ひから、自づと自己の句に光りが射すのである。

 

     關聯記事  

 

三、發句らしさ 發句雑記より

http://www.miyukix.biz/?page_id=7607

TEL 06-6334-2218 午前11時~午前12時30分

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ツールバーへスキップ