深夜12時30分まで營業してゐます

MENU

三、發句らしさ(Nature of Hokku) 『發句雑記』より 近江不忍(あふみのしのばず・Oumino Sinobazu)

  • HOME »
  • 三、發句らしさ(Nature of Hokku) 『發句雑記』より 近江不忍(あふみのしのばず・Oumino Sinobazu)

 この音樂を聞きながら作品を鑑賞して下さい。

 これは自作(オリジナル)の

  『絃樂器(strings)』

  といふ曲で、YAMAHAの「QY100」で作りました。

 雰圍氣を味はつて戴ければ幸ひです。

 ない方が良いといふ讀者はご自由にどうぞ。

 

 

  

     三、發句らしさ

  

 發句は、年寄りが餘生(よせい)を樂しむ爲に創作するものだ、と思はれてゐるらしい。偶(たま)に若者が句作に親しんでゐると、若年寄りと言はれて、度外視されがちである。

 作者がこれを書くのは、それらに反感を持つてゐるからではない。

さうして、それらがさうではないといふ事を知つてもらふ爲の論證を書くのでもない。

 結局は、そのやうな事を書くやうになつてしまふ氣もするのだが……。

 作者がこれを書く氣になつたのは、勿論、何かの機會があれば書いてみたい事ではあつたのだが、それが丁度、最近箕面(みのお)へ行つた時、連れの女性に發句を詠んでもらふ事にしたのが切つ掛けである。

 彼女は二十歳で、私にさう言はれて非常に困惑してゐた。今まで、そのやうな世界に觸れた事がなかつたからである。

 さういつた人が發句を詠まうと思ふと、何か捕へ處(どころ)がなく、一體(いつたい)、どう詠めばいいのか分かりにくからうと思ふ。

 例へば、さういふ人は先づ十七文字よりも、季語といふ制約に途方に暮れてしまふ。

 そこで私は「秋」といふ季語を與(あた)へ、自らも幾つかの句を詠んで、見本を示した。

 

   夕暮の目にせまりくる秋の瀧   不忍

 

 ゆふぐれの  めにせまりくる あきのたき

C♪♪♪♪†ζ┃♪♪♪♪♪♪†┃♪♪♪♪†ζ┃

 

   せせらぎの音を背にしつ秋のくれ  同

 

 せせらぎの   おとをせにしつ あきのくれ

C♪♪♪♪†ζ┃γ♪♪♪♪♪♪♪┃♪♪♪♪†ζ┃

 

 然し、これらの句を示し、更に「夕暮の」の句に、附合(つけあひ)でも良いからと言つて、附合の樂しさなどを語つて聞かせたが、それでも出來ず、

 

   夕暮の目にせまりくる秋の瀧

   とぎれし音にけふは去りつつ

 

 ゆふぐれの  めにせまりくる あきのたき

C♪♪♪♪†ζ┃♪♪♪♪♪♪†┃♪♪♪♪†ζ┃

 

 とぎれしおとに  けふはさりつつ

C♪♪♪♪♪♪†┃γ♪♪♪♪♪♪♪┃

 

 と下手な附合までして見せたが、彼女の方は一向に出來なかつた。

 どうやら、今度は私の方が困る番である。

 發句といふものは、どうにも難しいものであるらしい。が、これでは私の方も寝覺めが惡いので、それでは季語を考へずに、唯、十七文字の短詩を創るやうに言つて見た。

 すると、上句は浮かばないけれど、と言つて、

 

   水にさざめく紅葉かな 幸

 

  みづにさざめく もみぢかな

Cγ♪♪♪♪♪♪♪┃♪♪♪♪†ζ┃

 

 と詠んだ。

 作者は早速、

 

   暮れ