深夜12時30分まで營業してゐます

MENU

七、倒裝法に就いて(About the 「Bankruptcy Law(?)」 『發句雜記』

  • HOME »
  • 七、倒裝法に就いて(About the 「Bankruptcy Law(?)」 『發句雜記』

七、倒裝法に就いて

(About the 「Bankruptcy Law(?)」』

 

この音樂を聞きながら作品を鑑賞して下さい。

これは自作(オリジナル)の

 

『Motion1木管楽器 A woodwind instrument』

 

といふ曲で、YAMAHAの「QY100」で作りました。

映像は九州の宮崎懸にある、

 

『宮崎空港』

 

から指宿温泉へ出かけた時のものです。

雰圍氣を味はつて戴ければ幸ひです。

ない方が良いといふ讀者はご自由にどうぞ。

 

 

 

 

七、倒裝法に就いて

(About the 「Bankruptcy Law(?)」

 

 倒置法(たうちはふ・inversion method)と同じやうな利用價値のある技巧の一種に、倒裝法(たうさうはふ・Bankruptcy Law(?))といふものがある。

 これは漢學(かんがく)からの轉用(てんよう)であるらしく、筆者もこれを芥川龍之介の、

  『芭蕉雜記』

 から知つた事を白状しておく。

  

 どういふ方法かといふと、

 

   風散つてゆふべには吹く雪の宿 不忍

 

 かぜちつて   ゆふべにはふく ゆきのやど

C♪♪♪♪†ζ┃γ♪♪♪♪♪♪♪┃♪♪♪♪†ζ┃

 

 これが、その倒裝法の一例であると言へよう。

  

 これを尋常に言ひ下すと、

 

   風吹いてゆふべには散る雪の宿

 

 かぜふいて   ゆふべにはちる ゆきのやど

C♪♪♪♪†ζ┃γ♪♪♪♪♪♪♪┃♪♪♪♪†ζ┃

 

 となつて、味はひは動詞を顛倒(てんたう)する事によつて、渾然(こんぜん)とした雰圍氣を表現出來る事にあると言へるだらう。

 

  この方法は先にも述べた通り、古人がすでに試みてゐて、あまりにも柳の下の泥鰌(どぢやう)を狙ひ過ぎかも知れないが、一つには、句作をする態度に柔らかさを持つて見るといふ意味で、ここに述べて見る事にしたのである。

 

  では、倒置法(たうちはふ)での例題の句をもつて、倒裝法を當て嵌めんとすると、どうなるであらうか。

 

   月吠えて眞冬の犬はおとろへぬ 不忍

 

 つきほえて  まふゆのいぬは おとろへぬ

C♪♪♪♪†ζ┃♪♪♪♪♪♪†┃♪♪♪♪†ζ┃

 

 斯(か)くの如くで、これでは「月」も「犬」も、兩方「おとろへ」てしまつた感がある。

 

 

 生憎(あいにく)、筆者自身の考案になる他の方法も思ひつかないので、かういふ結果となつてしまつたのであるが、あるいは筆者などのいふ事より、もつと善い他の方法を考へつかれた人がをられるかも知れない。

 ただ教へを待つばかりである。

 

 

一九七五年昭和五〇乙卯(きのとう)年睦月(むつき)九日午前二時半

 

 

關聯記事

 

八、發句の形式に就いて(About the form of Hokku)

http://www.miyukix.biz/?page_id=7967

 

TEL 06-6334-2218 午前11時~午前12時30分

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ツールバーへスキップ