深夜12時30分まで營業してゐます

MENU

貝多芬(ベエトオヴエンBeethoven・1770-1827)讃歌 高秋美樹彦(たかあき みきひこ・Takaaki Mikihiko)

  • HOME »
  • 貝多芬(ベエトオヴエンBeethoven・1770-1827)讃歌 高秋美樹彦(たかあき みきひこ・Takaaki Mikihiko)

 

ベエトオヴエン讃歌

「YAMAHA QY100」のSEQUENCERSによる作品です

Orchestral arrangement

Beethoven

Pathetique Piano Sonata No. 8, 1st MOV.

 

 初期の洋琴(ピアノ)奏鳴曲(ソナタ)で、彼が二十八歳(一七九八年)の時の作品だが、三樂章といふのもその事の證左(しようさ)であるやに思はれ、私には莫差特(モオツアルト(Mozart)・1756-1791)の影響が感じられるやうに見受けられる。
 取分け、同じ三樂章の「イ短調 K.310」の奏鳴曲がモオツアルトにあるが、その終樂章とこの『悲愴(Pathetique)』の終樂章は、どちらも四分の二拍子で「輪舞(Rondo)」で作曲されてゐるばかりではなく、その旋律に極めて類似性の強いものを感じてしまふ。

 

 

Orchestral arrangement

Beethoven

Pathetique Piano Sonata No. 8, 2nd Mov.

貝多芬(Beethoven・1770-1827) 『悲愴(Pathetique)』

第二樂章Adagio cantabile

 初期の洋琴(ピアノ)奏鳴曲(ソナタ)で、彼が二十八歳(一七九八年)の時の作品だが、三樂章といふのもその事の證左(しようさ)であるやに思はれ、私には莫差特(モオツアルト(Mozart)・1756-1791)の影響が感じられるやうに見受けられる。
 取分け、同じ三樂章の「イ短調 K.310」の奏鳴曲がモオツアルトにあるが、その終樂章とこの『悲愴(Pathetique)』の終樂章は、どちらも四分の二拍子で「輪舞(Rondo)」で作曲されてゐるばかりではなく、その旋律に極めて類似性の強いものを感じてしまふ。

 

 

京都 銀閣寺

Beethoven

7th symphony, 2nd mov.

 マイミクのコンドルさんのリクエストに應へて。
 この作品の映像は二重寫し(OVERLAP)の機能がうまく使へなくて、滿足の行く出來にならなかつた事に加へて、YouTubeに上げてからの再生音に途切れて聞える箇所があつて、とても殘念に思つてゐる。

 前囘の時に、

 「途切れるのは、私の電腦(パソコン)の性能の所爲(せゐ)かどうか、それとも理由として成立してゐるかどうか不明だが、解像度を高くしたのが原因なのか解らない。何とか解消できないものか」

 といふ事があつたので、改善して見た。

 

 

BEETHOVEN

SYMHONIE 9 d moll OP 125 Second part

 

 

三日月城址

Beethoven

played by bottle Reviseded

Romance No2 in F Major Op50

 貝多芬(ベエトオヴエン)にはもうひとつト長調の『ロマンス』がありますが、演奏される囘數は斷然こちらの方が多くて人氣があるやうです。
 原曲は言はずと知れた堤琴(Violin)と管絃樂の爲の曲です。
 この曲はロンド形式で、主題部(A)を基準にして、副主題の(B・C・D・E)を交替しながら、例へば「ABACADAEA」といふやうに演奏する形式の事です。
 有名な『エリイゼの爲に』もこの形式で作曲されてゐます。
音源はYAMAHA QY100で打込みました

 

 

 

 久し振りの投稿です。
 貝多芬(ベエトオヴエン・Beethoven・1770-1827)の交響曲第3番「英雄」第2楽章を『YAMAHA QY100』で作つたものです。
 映像は2015年4月9日に大坂城へ櫻と桃を觀に行つた時のものです。
 「YAMAHA QY100」では、一部にホルンがよく鳴りませんでしたので、トランペツトまで動員して仕舞ひました。

 

This is music made with “YAMAHA QY100” of SEQUENCERS.(英)
これはSEQUENCERSの「YAMAHA QY100」で作つた音樂です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TEL 06-6334-2218 午前11時~午前12時30分

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ツールバーへスキップ